0120192006
 
       

身近にある英語から学び、英語への理解力を高めよう!

身近にある英語

夏休みも終わり、楽しい思い出を振り返っている方もいると思います。
しかし学校も始まり、授業に集中するために、勉強モードに切り替えられるといいですね!

今回は”Park”「公園」にあるものシリーズです。
この言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのはブランコという人は多いと思います。
ブランコは英語では”swing”、「スウィング」と発音します。日本語とは全く違いますね。
しかし、シーソーは”seesaw”といい、ほぼ一緒の発音です。
このように日本語と英語で異なる表現を間違えないように覚えることも必要です。

さて、現在、作品の一部を生徒が選んで組み立てるという方法をとっています。
”Which card do you like?”「どのカードがいい?」という問いかけに、”left”「左」、”center”「中央」、”right”「右」、と書かれたカードの一枚を選んで、裏に載せている作品を作ります。
この質問に素早く反応でき、英語への理解が高まっているのを感じました。
もっとも、何人かは裏のレゴ作品が気になって質問が頭に入って来なかったようでしたが。

今まで出てきた単語の組み合わせの質問になるので、このような問いかけに反応できれば、順調に学習できていることが分かります。
どれくらい英語ができるようになっているか試すのに、家で問いかけてみるのも面白いかもしれません。

2018年10月18日
このページの先頭へ