0120192006
 
       

発表会に向けて

年間40回の授業の最終回、40回目に保護者の方を招いての発表会を計画しています。

およそ100個ほどのブロックを使用して、蒸気のもくもく出ている形の機関車を作ります。作っては崩し、また作っての繰り返しで、現在、機関車はほぼ作れるようになって、線路に挑戦しているところです。

  

発表会では、生徒さんが英語で指示をして、保護者の皆さんにその機関車と線路を作っていただきます。

自分が作品を作るだけの時は、英語の指示を聞いて、それに従って自分が作ること楽しむという感じでした。なかには、英語で話すことにあまり積極的になれない生徒さんもいましたが、「おうちの人に、みんなが英語で話して、作ってもらいますよ。」と話すと、途端に説明することに熱心になってきました。

どうしても苦手な単語があって、なかなか思い出せなったり発音できなかったりしていても、おうちの人に見てもらうことを楽しみに、何度も練習して、スムーズに話せるようになるのを見て、子どもたちの成長に感激します。

自分の楽しんでいることを、大好きな家族に伝えたいという思いなのかもしれません。どうやったら、うまく作れるか、作る順番や、言い回しを工夫してて、とてもいじらしい姿をみせてくれています。

発表会の日を、どうぞ楽しみにしていてください。

 

 

2019年3月19日
Block×English_DIC学園
Block×English_DIC学園
このページの先頭へ